ダイバーシティ経営論

ダイバーシティ経営論 · 16日 12月 2019
1980年代後半、リクルート社の造語で「フリーター」が登場した。夢を求めて定職につかない若者=フリーターは、自分の都合で働ける“新しい雇用形態”としてもてはやされた。同時期に施行された労働者派遣法も非正規・派遣やフリーターを後押しする。企業は低廉な労働力としてこれを求めた。さて¨宴の後¨や如何。
ダイバーシティ経営論 · 09日 12月 2019
1980年代後半、リクルート社の造語で「フリーター」が登場した。夢を求めて定職につかない若者=フリーターは、自分の都合で働ける“新しい雇用形態”としてもてはやされた。同時期に施行された労働者派遣法も非正規・派遣やフリーターを後押しする。企業は低廉な労働力としてこれを求めた。さて¨宴の後¨や如何。
ダイバーシティ経営論 · 02日 12月 2019
ここ4~5年、ギグエコノミーやギグワーカーという言葉を聞く。ギグエコノミー(gig economy)は、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や経済形態を指し、ギグワーカー(gig worker)はそのような働き方をする人を言う。雇用されずに単発の仕事を請け負う働き方が「新しい・自由度が高いワークスタイル」として前に出てきた。
ダイバーシティ経営論 · 26日 11月 2019
先日(2019年11月15日)、「AERA」の取材を受けました。 割と硬派(真面目?)で女性ライターさんも多く、時々読んでいる雑誌です。*女性絡みの記事も多いですね。ときに仕事で引用させてもらうこともあります。 記事は12/2号 (2019年11月25日発売)の「時代を読む」というノンフィクション欄。 差別がテーマで、編集部によると「欧米ではレイシズムは社会のセキュリティーに対する脅威であるとして、「表現の自由」よりある意味優先する形でマネジメントされています。日本においても「ヘイトスピーチ規制法」などが整備されつつありますが、法的整備はまだ十分とはいえず、民間での自主的な取り組みを進めていく必要があると考えます。」とのことでした。 JDIO への取材内容は「差別やダイバーシティに関しての意識が低い企業は、経済活動において今後大きなリスクを抱える。そういった視点から、主に企業にとって必要なダイバーシティに関する取り組みやマネジメントに関する内容」を、でした。
ダイバーシティ経営論 · 22日 3月 2019
働き方改革関連法案が成立し、改革項目や指標が明らかになりました。この働き方改革は「経営の構造改革」ともいわれます。高い命題を持つ課題ということですが、対して、改革の進捗を管理する立場である管理者はどのように取り組んだらよいのでしょうか。
ダイバーシティ経営論 · 21日 3月 2019
働き方改革は、時間軸で見れば明治期以降初めてのパラダイム(規範)転換ということができます。背景には、工業社会からサービス・ソフトの3次産業社会への変化や、明治以来増え続けた人口が一気に反転する人口減少と高齢社会の到来、グローバルな市場競争力の低下などがあります。
ダイバーシティ経営論 · 20日 3月 2019
ダイバーシティは、これまでの考え方の延長線上にあるものではなく、社員の意識や行動を変える新たな考え方が必要になります。企業規模、業種、風土などで取り組み方、進め方は変わってきますが、導入の全体像を描き、戦略的に導入していかなければ成功しません。
ダイバーシティ経営論 · 19日 3月 2019
ダイバーシティは、これまでの考え方の延長線上にあるものではなく、社員の意識や行動を変える新たな考え方が必要になります。企業規模、業種、風土などで取り組み方、進め方は変わってきますが、導入の全体像を描き、戦略的に導入していかなければ成功しません。
ダイバーシティ経営論 · 18日 3月 2019
自分にとって他者はすべて多様であるとの認識において「多様」は無数に存在します。ダイバーシティの原点はこの無数の「多様」の尊重にありますが、ここでは実践的な視点から、ダイバーシティ・マネジメントが対象とする「多様」を分類します。
ダイバーシティ経営論 · 17日 3月 2019
企業経営でのダイバーシティの位置づけは「経営戦略」とされます。それは、人材、マネジメント、マーケティングに係る基本戦略の課題であって、福利厚生などの周辺的な制度問題ではないからです。ことに欧米企業では、競争優位の重要な戦略であり、ダイバーシティの経営管理が周到に実施されています。多様な能力を活かし合うダイバーシティ・マネジメントは、同時に、社会が必要とする労働力化、市場化、社会貢献化といった公益を進める手法とも重なっています。

さらに表示する