女性活躍 · 17日 3月 2021
「ガラスの天井」(Glass Ceiling)は、女性が向上することを阻む目に見えない天井を指します。ヒラリー・クリントン氏が、2016年の米大統領選で敗れ、「(大統領という最も高く硬い)ガラスの天井を破れなかった」とスピーチして一層知られるようになりました。 今の日本で言えば、企業の女性管理職が増えないことや、社会的地位の高い職業に女性の進出が進まないこと、また子育て中の女性が仕事で能力を発揮できないことなども、頭打ち、限界の意で「ガラスの天井」と言われたりします。背景に女性差別や無意識の偏見があるとされます。
女性活躍 · 17日 3月 2021
森喜朗前東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の「女性蔑視」発言が大きな問題となりました。「女性の話は長い」+「わきまえる」が「何か」を衝いたようです。わきまえさせる男性とさせられる女性。この¨差別性に富んだ¨発言は倫理的にアウトですし、特に女性は、「わきまえる」という言葉の「見えない感触」を生々しく思い起こしたものでした。 ...
働き方改革 · 11日 10月 2020
企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、かつ一人ひとりの生産性を高めて労働力不足に立ち向かおうとする改革です。しかし現実には、進め方に戸惑う企業が多かったり、「改革をやったら経営が成り立たない」と考えたりする経営者が少なくありません。 そこで、6回に分けて改革の内容と必要性、またその具体的ノウハウを考えていきます。
働き方改革 · 04日 10月 2020
企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、かつ一人ひとりの生産性を高めて労働力不足に立ち向かおうとする改革です。しかし現実には、進め方に戸惑う企業が多かったり、「改革をやったら経営が成り立たない」と考えたりする経営者が少なくありません。 そこで、6回に分けて改革の内容と必要性、またその具体的ノウハウを考えていきます。
働き方改革 · 27日 9月 2020
企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、かつ一人ひとりの生産性を高めて労働力不足に立ち向かおうとする改革です。しかし現実には、進め方に戸惑う企業が多かったり、「改革をやったら経営が成り立たない」と考えたりする経営者が少なくありません。 そこで、6回に分けて改革の内容と必要性、またその具体的ノウハウを考えていきます。
働き方改革 · 20日 9月 2020
企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、かつ一人ひとりの生産性を高めて労働力不足に立ち向かおうとする改革です。しかし現実には、進め方に戸惑う企業が多かったり、「改革をやったら経営が成り立たない」と考えたりする経営者が少なくありません。 そこで、6回に分けて改革の内容と必要性、またその具体的ノウハウを考えていきます。
働き方改革 · 13日 9月 2020
企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、かつ一人ひとりの生産性を高めて労働力不足に立ち向かおうとする改革です。しかし現実には、進め方に戸惑う企業が多かったり、「改革をやったら経営が成り立たない」と考えたりする経営者が少なくありません。 そこで、6回に分けて改革の内容と必要性、またその具体的ノウハウを考えていきます。
働き方改革 · 06日 9月 2020
企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、かつ一人ひとりの生産性を高めて労働力不足に立ち向かおうとする改革です。しかし現実には、進め方に戸惑う企業が多かったり、「改革をやったら経営が成り立たない」と考えたりする経営者が少なくありません。 そこで、6回に分けて改革の内容と必要性、またその具体的ノウハウを考えていきます。
NEWS · 03日 3月 2020
2020年1月22日に鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会(注)・鳥取県が開催した「『佰食屋』の働き方改革!」をご紹介します。 日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」など数々の賞を受賞され、テレビや雑誌でその経営スタイルが多く取り上げられている、株式会社minitts「佰食屋」の中村朱美社長の講演とあって、当初予定の人数を大きく上回る100名近くの方に参加をいただきました。また、鳥取県内は元より、お隣の島根県や兵庫県からも参加があり、皆さんの関心の高さを目の当たりにしました。
NEWS · 20日 1月 2020
当県では2019年12月16日、「『働きやすい鳥取県』を推進するシンポジウム」を連合鳥取・鳥取県経営者協会・鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会(注)、鳥取県の4者にて開催しました。「働きやすい鳥取県」とは、「多様な人材が活躍できる環境づくり」と「生産性向上」が両立することであると私たちは考えており、シンポジウムでは「ダイバーシティ経営」をテーマとしました。

さらに表示する