ダイバーシティ・コンサルタント養成講座(基礎コース)


人財の多様な能力を最大限引き出して競争力を強め、経営成果を高める経営戦略を実践したいと考えている企業に対して、現状の調査分析、課題設定、解決案の提示などを通じてクライアントが期待する経営成果が出るように支援するダイバーシティマネジメントのプロフェッショナル育成講座です。
全5回の講座を通じて、ダイバーシティマネジメントについての専門知識の習得だけでなく、ワークシートを使用した事例企業演習などを通じ、実践力高めることで専門家を育成します。
また企業内でダイバーシティ担当部署につかれ、プロジェクトを推進する立場にある方にも受講を推奨いたします。


大阪校特別編成コース 受講者募集中

第3期 ダイバーシティ・コンサルタント養成講座(基礎コース) 

リアル講座&通信講座がセットになった 短期集中認定コース

ダイバーシティ・コンサルタント養成講座

テーマ  
  第1回 リアル講座:What is  ダイバーシティ

  第2回  リアル講座:ダイバーシティと経営/How to do ダイバーシティ

  第3回  通信講座 :ダイバーシティ処方箋を読んでレポート作成

  第4回 リアル講座:ダイバーシティ・インストラクション/総合演習 課題解決手法

  第5回 通信講座 :外国人材活用事例 レポート作成など

 

■時間  リアル講座:3月3日(土)、4日(日)、10日(日)各日とも10:00~17:00

■会場  アットビジネスセンター大阪梅田 大阪市北区曾根崎新地2丁目2-16 西梅田MIDビル

     https://abc-kaigishitsu.com/osaka/umeda/access.html     

受講料 15万円(税別) 
     ※原則一括払いですが、分割払いなど個別対応のご要望については個別にご相談ください。
      ※受講後、認定コンサルタント登録の際は、別途認定料3万円(税別)が必要となります。

■受講できない講座については次回以降の講座で無料振替受講ができます                                                                                                                                 ■養成講座を一定基準を満たし修了された方を、ダイバーシティ・コンサルタントとして認定を致します。

■認定者はダイバーシティ・コンサルタント認定者として各種活動を行うことができます。また、認定者はコンサルタント登録をすることで、随時ブラッシュアップされる最新情報の提供を受けることができるとともに、協会を通じ関連事業の斡旋を受けることができます。

大阪校 ダイバーシティ・コンサルタント養成講座 カリキュラム

ダイバーシティカリキュラム
ダウンロード
ダイバーシティ・コンサルタント養成大阪校チラシ.pdf
PDFファイル 765.6 KB

第9期 ダイバーシティ・コンサルタント養成講座(基礎コース) 

日程

第1回
2019年1月27日(日)
10:00~17:00

 

 

 

第2回
2019年2月3日(日)
10:00~17:00

 

 

 

 

 

第3回

2019年2月17日(日)
10:00~17:00

 

 

 

 

 

第4回
2019年2月24日(日)
10:00~17:00

 

 

 

 

 

第5回
2019年3月10日(日)
10:00~17:00

 

 

 

内容

第1章:ダイバーシティとは?
・ダイバーシティの基本的な考えかた
・企業経営におけるダイバーシティの理解
・ダイバーシティを必要とする環境理解
・経営戦略としてのダイバーシティ

 

第2章:ダイバーシティと経営
・人的資源の戦略
・人的資源の経営ガバナンス
第3章:ダイバーシティ導入準備
・日本における働き方の変遷理解
・世界との比較
・今後の社会構造の変化への対応

 

第3章:ダイバーシティ導入準備
・多様な人材が能力を発揮できる環境作り
・法制度への対応
第4章:How to do ダイバーシティ
・ダイバーシティの導入手順
・ダイバーシティ推進マニュアル
・ダイバーシティ型人材育成メソッド

 

第5章:ダイバーシティ・インストラクション
・女性の活躍推進とWLB
・WLBの進め方
・海外人材とダイバーシティ
・女性のキャリアデザイン
第6章:総合演習
・ワークシートを使用した事例分析

 

第6章:総合演習
・ダイバーシティ取り組み企業事例
・総合演習
・修了式

 

 


※各回とも、学びを深めるための1時間程度の負荷を想定した課題がございます。
また、第4回講座終了時は、総合演習に使用する事前の分析・課題立案等がございます。
※カリキュラムは変更する場合がございます。ご了承ください。


認定基準:以下2点の要件を満たすこと
  ① 当該講座を修了(出席基準4回以上を満たす)している。
  ② 各回講座への意欲的な参加態度、および最終課題の総合演習(レポート+発表)にて
   ダイバーシティ・コンサルタントに相応しい水準に達している。

 


振替が可能です。例えば第9期の3回目を欠席したときは、第10期もしくは第11期の3回目を受講が可能です。