JDIOマネジメントスクール

働き方改革


10月21日水曜日

10月28日水曜日

(2週連続)

19:00~21:00

成果を挙げるテレワークの進め方

会社も社員もwin-winのテレワーク活用ノウハウ

  • もはや特別な働き方ではないテレワーク
  • ~要はICT機材ではなくオペレーション
  • ~自社に合った導入の課題を洗い出し、
  • 会社も社員もwin-winのテレワーク実践セミナーです

【対象】

 ・業務効率化、残業削減に取り組む管理職の方

 ・テレワークの導入と運用に取組む人事、総務部門の方

【プログラム】

 ・失敗しないテレワークの進め方~在宅、モバイル、サテライト、業務の見える化

 ・適した業務の切り出しと生産性向上、コスト削減の仕方

 ・時間、評価等の労務管理法、ICT環境・執務環境のルールづくり

 

【定員】

 15名

【受講料】

 20,000円



 

11月10日火曜日

13:30~17:00

働き方改革

~ホワイトカラーの生産性向上術

~働き方改革と生産性が両立するワケを徹底理解

  • こんなに未着手~ホワイトカラーの生産性向上術
  • 日本における生産性の考え方と、事務部門の生産性向上を図るセミナーです

【対象】

 ・残業削減と生産性向上に取り組む経営層、管理職の方

 ・業務改善と人・組織の設計に取組む人事、総務部門の方

【プログラム】

 ・「働き方改革は生産性を阻害」の間違い

 ・生産性向上の考え方

 ・ホワイトカラーは「伸びきったゴム」論

 ・ホワイトカラーのモチベーション向上策

 ・生産管理手法による業務改善の導入

 ・生産性の高い全社的組織づくり

 

【定員】

 15名

【受講料】

 18,000円



12月22日火曜日

13:30~17:00

働き方改革

~同一労働同一賃金の進め方

~おざなりでは済まない人材難時代の人の処遇と活かし方

  • もはや特別な働き方ではないテレワーク
  • ~要はICT機材ではなくオペレーション
  • ~自社に合った導入の課題を洗い出し、
  • 会社も社員もwin-winのテレワーク実践セミナーです

【対象】

 ・同一労働同一賃金の準備をする管理職の方

 ・人・組織の設計を考える人事、総務部門の方

【プログラム】

 ・人大事の視点から、陥りやすい制度設計をチェック

 ・多様な働き方が融和する明るい職場づくり

 ・格差是正の利益配分と、全員が成長人財となる制度づくりのセミナーです

 

【定員】

 15名

【受講料】

 18,000円



Coming Soon

(2週連続)

19:00~21:00

リモートワークの課題=コミュニケーション

固有のルールとマナー、信頼のスキルを備える

  • リモートワークの筆頭課題はコミュニケーション
  • 〇〇だから進まない、を一つずつ解決
  • リモートワーカー、管理者それぞれの行動マニュアル編です

【対象】

 ・リモートワークの導入と運用に取組む人事、総務部門の方
 ・リモートワークのユーザー

【プログラム】

 ・環境設定から相互マナーまで、リモート・コミュニケーションを改善

 ・伝え漏れ、タスク漏れ、従業員の孤独、所属意識の希薄化、リモハラ
  稼働把握のズレ、テレワーク鬱などの運用上の悩みを解決
 

【定員】

 15名

【受講料】

 20,000円



Coming Soon

13:30~17:00

残業削減実践法 全社あげた業務改善と意識改革

遅れを意識する企業こそキャッチアップを 

  • 「残業無しには業務が回らない」「人手不足で手一杯」そんな職場の打開策
  • 必ず成果が出る現場改善策、成功事例の考え方とステップを実践しましょう

【対象】

 ・残業削減に取り組む経営層、管理職の方

 ・業務改善と人・組織の設計に取組む人事、総務部門の方

【プログラム】

 ・残業削減に不可欠な3ポイント

 ・意識、仕組み、ツール活用の改革法

 ・業務改善の3手法:業務の洗い出し、タレントマップ、ガントチャート

 ・成果の人への還元法~事例社の工夫がヒント

 

【定員】

 15名

【受講料】

 18,000円



Coming Soon

13:30~17:00

なぜ? 立ち遅れが目立つ中小企業

中小に見る失敗例、成功例、課題と対策

  • 人不足時代の働き方改革は企業のサバイバル策!
  • 企業利益となる改革を本当に進めるには?~着手しやすい策、長期に取組む策を腑分け
  • 今すぐ実効ある改革を手引きするセミナーです

【対象】

 ・改革が物理的にも心理的にも進まない企業の経営層、管理職の方

 ・人・組織の設計を考える人事、総務部門の方

【プログラム】

 ・働き方改革は経営を苦しめる改革?

 ・中小企業の失敗例、成功例が示すもの

 ・実は大手でも見せかけに陥る理由

 ・改革の成果をPDCAで検証

 ・自社の現状、課題と対策を見える化

 ・すぐ着手できる実効策

 

【定員】

 15名

【受講料】

 18,000円



Coming Soon

13:30~17:00

見えてきたテレワーク問題総ざらい

利点を活用、弊害をなくすには

  • テレワーク、やってみたらあれやこれや問題が・・・
  • ~ワーク環境やコスト負担などのハードから、働きすぎ、メンタル不調などのソフトまで、会社と従業員双方が抱える課題を走りながら解決するセミナー

【対象】

 ・労テレワークの導入と運用に取組む人事、総務部門の方

 ・テレワークで出てきた問題に悩むユーザー

【プログラム】

 ・環境整備:ツールの選択、就労規則、賃金体系から危機管理まで

 ・裁量性の弊害是正:テレワーカーの働きすぎ、バーンアウト、鬱

 ・テレワーク格差の是正:多様な人材間の適用格差、
  在宅勤務での男女役割格差の見直し

 

【定員】

 15名

【受講料】

 18,000円



Coming Soon

(2週連続)

19:00~21:00

リモートワークの課題=コミュニケーション

固有のルールとマナー、信頼のスキルを備える

  • リモートワークの筆頭課題はコミュニケーション
  • 〇〇だから進まない、を一つずつ解決
  • リモートワーカー、管理者それぞれの行動マニュアル編です

【対象】

 ・リモートワークの導入と運用に取組む人事、総務部門の方
 ・リモートワークのユーザー

【プログラム】

 ・環境設定から相互マナーまで、リモート・コミュニケーションを改善

 ・伝え漏れ、タスク漏れ、従業員の孤独、所属意識の希薄化、リモハラ
  稼働把握のズレ、テレワーク鬱などの運用上の悩みを解決
 

【定員】

 15名

【受講料】

 20,000円



お申込み

お問合せのみの場合は以下のメールアドレスに直接メールでお願いいたします。

info@jdio.jp

メモ: * は入力必須項目です


注意事項

必ずお読みください

講座について

・内容は講師の都合等により変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

・スクール講座は各テーマとも定員15名。最小催行人数は5名とさせていただきます。

・定員の関係でご参加いただけない場合は、折り返しご連絡いたします。

・最小催行人数の都合により不催行となる場合は、10日前までにご連絡いたします。

 

受講料お振込み

・お申込みを受け付け後に、事務局よりお手続きのご連絡をいたします。

 

キャンセルについて

・受講料のお振込みの有無にかかわらず、下記のキャンセル料を申し受けます。

 1.開催日1か月前まで:無料

 2.開催日2週間前まで:参加料の50%

 3.開催日2週間未満~当日:全額

・申込者のご都合がつかなくなった場合は、代理の方のご出席をお願いいたします。代理出席できない場合は、下記のキャンセル手続きをお願いいたします。

 1.info@jdio.jpまでキャンセルの旨をご連絡ください。

 2.キャンセル料が発生する場合は、請求書をお送りいたしますので指定期限までにお支払いください。